Precious days

子育て中の日々の生活で見つけた、面白いこと、便利なことを発信します。

14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児、大川翔さん著「ザ・ギフテッド」を読みました。

こんにちは。

 

9歳でカナダ政府にギフテッドと認定され、12歳で小学校からハイスクールに飛び級進学。さらに14歳でハイスクール卒業およびブリティッシュ・コロンビア大学 (UBC)、マギル大、トロント大など5大学に奨学金付きで合格した大川翔さんをご存知でしょうか?

彼が14歳の時に書いた「ザ・ギフテッド-14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法」を読みました。

本人が自分の勉強法や物事の考え方を自分の言葉で書いている書籍です。

5歳でカナダに渡って「リーディング力最低クラス」に振り分けられたにもかかわらず、ものすごい読書量でカナダ人同級生を上回る英語力を獲得したこと、日本の私立中学受験のために通信教育を計画に沿って一年前倒しで解いていたこと etc...なかなか簡単にはできそうにないことばかりです。

地頭がよくて吸収力がずば抜けて高いところに、ご両親がそれを伸ばす環境を用意し、本人が素直に努力した、ということなのだと思いました。

 

ミイラのスピーチ

そして、「人前で話す」というセクションがカナダの教育ならでは。著者は「人前で話す」ことの才覚も発揮します。

日本で天才児というと偏差値が高く、試験で高得点を獲得し、有名私立中高やトップ大学に軽々と入学するというイメージですが、カナダでは人前で注目を浴びながら話し、評価を得ることも天才児の要件なのです。

カナダではKindergarten(キンダーガーテン)やPrimary(プライマリー、小学校低学年)から「人前で話す」授業があり、とにかく何を言ってもホメるカルチャー。Grade 4(小学校4年生)からはスピーチコンテストがあり、クラス代表、学校代表に選ばれるとヒーローで学校中から称賛される。

著者はGrade5とGrade6で学校代表に選ばれています。そして巻末に載っているGrade 6 (小学校6年生)のときのスピーチ原稿が素晴らしい。5分の制限時間の中で、聞き手にとって有益な内容を聞き手を魅きつけながら語っているのがわかります。

 

スピーチ原稿からの抜粋(The True Mystery behind the Mummies)

Everyone, please close your eyes...(Overthere,... No peeking!...Close your eyes!) First, imagine... you are the pharaoh, King or Queen of Egypt, and now you are a mummy. Your body is wrapped up, ad you can't see. (No peeking yet!) You are extremely hungry because you haven't eaten in 5000 years, but suddenly you realize... you don't have a stomach... and something even more awful(OH NO!)...[grab head] you don't have a brain(now you can open your eyes... Although I see some of you have already done so!)

[Melissa訳]

みなさん、目を閉じてください。(そこそこ、目を開けないでね!閉じていて!)まず、想像してください。あなたはエジプトのファラオ、王様、か女王様。そして今はミイラです。体は包まれていて、目も見えません。(まだ目を開けないで!)5000年も食べていないので、とてもおなかが空いています。でも突然気づくのです。胃袋がないことに。それからもっと大変なことに、(Oh No!) [頭を抱えて言う]脳みそもないのです。(さあ、みなさん目を開けて。あら、もう開けてる人もいますね。)

 

この後、なぜエジプトではミイラが作られたのか、その秘密について著者の仮説が語られます。5分のスピーチなのに、内容が面白く、笑いやジェスチャーなどの聴衆を飽きさせない工夫が盛りだくさんです。

 

感想

地頭もよく努力家で、ご両親のサポートも素晴らしい大川翔さんですが、カナダに渡ったということも、彼の能力をさらに発揮させることになった契機なのだと思いました。

英語習得というハードルを乗り越え、カナダカルチャーのなかでも秀でることに成功。優れた才能がギフテッドという形で認定され、特別クラスでの教育をうけたり、飛び級で上位クラスでの学習を許可される。

日本人が苦手とされる自己表現も、小さいときから奨励されるカルチャー。

日本ではまだまだ秀でることに対して社会の許容度が低く、個別の能力を伸ばす環境が整っていないと思います。柔軟な社会になって、十分に発揮されないでいる才能をもっともっと発掘できるようになれば、日本の将来ももっと明るいのではないかな。

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ