Precious days

子育て中の日々の生活で見つけた、面白いこと、便利なことを発信します。

0、1歳児におすすめの英語の絵本3冊。簡単な英語だから、リズムを楽しんで読むことができます。

こんにちは。

今日は0歳、1歳の赤ちゃんが楽しめる英語の本をご紹介します。

うちでは日本語の絵本と同じように本棚に英語の本が並んでいて、自然に手に取れる環境を作ってあげたいと思っています。この時期に日本語ではない文字や音に早くから触れることで、今後本格的に英語に触れる時の抵抗感は少なくなるはず。

娘には英語で読むときもあるし、ストーリーを日本語に置き換えて読んであげる時もありますが、大好きな絵本は言語に関係なく、何度も「読んで」と持ってきますよ。

 

 

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? Bill Martin, Eric Carle

邦題『くまさん くまさん なにみてるの?』

 アメリカでは赤ちゃん本の定番です。読み手が登場してくる動物たちに「何を見ているの?」と問いかけると、次の動物が紹介され、登場してくるという流れになっています。

子供たちは「きらきらぼし(Twinkle, Twinkle, Little Star)」のリズムに合わせて歌いながら読み進めるのが大好きです。

絵ははらぺこあおむしでお馴染みのエリックカール。色を塗った紙を切り貼りする、コラージュという方法で作られています。この手法で鮮やかに描かれた動物たちがコミカルで、何度も読んでいると大好きになってきますよ。

日本語版も販売されているのですが、なぜか絵が違います。英語版の絵のほうが圧倒的に良いので、ぜひ英語版を手に入れてみてください。

  

 Peek-A Who? Nina Laden著 

仕掛け絵本になっていてのぞき窓が開いています。Peek-A-"Boo"(いないいないばぁの“ばぁ”のところ)でページをめくると、窓の向こうにいるキャラクターが登場します。リズムが良くて、読んでいて楽しい一冊です。最後のページにも仕掛けがあって、いないいないばぁ、と出てくるのは誰か、お楽しみです。  

 Dear Zoo  Rod Campbell著

邦題『どうぶつえんのおじさんへ』

Dear Zooは動物がたくさん出てくる仕掛け絵本です。動物園にペットを下さいというお手紙を書いたら、動物園からいろんな動物が送られてきます。何の動物が送られてきたかは仕掛けを開いてみてのお楽しみ。ペットにぴったりの動物が送られてくるのでしょうか?
 

まとめ

いかがでしたか?
ご紹介した3冊は0歳、1歳の赤ちゃん向け。とても簡単な英語で書かれていて、英語のリズムも楽しむことができます。
読み手のママパパが英語に抵抗があったとしても、絵でストーリーを理解して日本語に置き換えて読み聞かせることもできますよ。
仕掛け絵本一緒にめくって楽しめるので、赤ちゃん受けもとても良いです。
ぜひ一冊、手に取ってみてくださいね。