Precious days

子育て中の日々の生活で見つけた、面白いこと、便利なことを発信します。

迷っているなら是非買って。Panasonicの卓上食洗機。

食洗機は子育て世代のマストアイテムです(断言)。

時間と体力の節約ができることが一番のベネフィット。お皿も気持ちいいくらいにきれいに洗え、クオリティオブライフが確実に向上します。

賃貸のお家で設置を迷っている方、設置場所が確保されるようであれば是非おすすめします。

 

食洗機を選ぶポイント

ビルトインではない卓上式の食洗機のメーカーはPanasonicのみ(2018年6月現在)。大手家電量販店に行っても展示しているのはPanasonicオンリー。なので、商品はPanasonicのラインナップから大きさや機能、価格差を考慮して選ぶことになります。

f:id:Melissa7:20180612143008p:plain

*底面積と高さ以外に、前面の扉を開けたときに周囲にあるものに当たらないか確認する必要があります。

 

 

まずレギュラーサイズかプチサイズ、どちらにするか。

上の表でわかるように、庫内のスペースは2倍以上の違いがあり収納力の差は歴然です。入らなくて結果的に手洗いする食器が残ると、ストレスを感じるもの。設置が可能なら、たくさん洗えるほうを選ぶことをおすすめします。

レギュラーサイズの2機種は、高温除菌の有無、利用できるコースの数などが違います。うちは当初下位モデルのNP-TA1を購入予定でしたが、購入時に在庫がなく、待ちきれなかったため、NP-TH1にしました。NP-TH1でしか使えない機能を使ってはいないので、安価なNP-TA1でも良かったのですけれど。

 

設置場所

本体はかなり大きいです。設置場所はしっかり確認して確保してください。

うちのキッチンは、対面式ではなく壁面に向かっているタイプ(壁付けタイプ)で、調理台と壁の間に奥行20センチ、高さ15センチほどの段差が一段ありました。その奥行20センチのスペースを有効活用するために、専用のステンレス置台と高さ調節足を使って置き場所を確保しました。

 

f:id:Melissa7:20180613150250j:plain

 

 

 

 

量販店での購入のメリット

うちは家電量販店(Y電機)で購入しました。ネットで購入したほうが多少お値段が安いのですが、量販店で購入することのメリットとして、大型の家電が実際に設置可能か、事前に見に来てくれること(無料)があります。分岐水栓の型番の確認もその時にお願いできます。

取付作業についても別途4,000円(税別)の手数料を支払い依頼しました。設置はDIYしている方も多いです。

 

収納力

収納力については、Panasonicの公式HPが詳しいです。うちは3人家族(大人2人+一歳児)ですが、平日は1日1回、休日でお昼ご飯の洗い物があると2回利用するときもありますが、それだけの収納力があります。

うちではフライパンやお鍋、ボウルなどの調理道具は入れずに手洗いしています。

 

panasonic.jp

下洗いは必要?

油汚れなどは、下洗いがなくてもきれいに落ちますよ。

お米などの粘着性のあるものが付着している場合は、落ちないこともあるので、水につけて取り除いてから入れるほうがベターです。庫内下部には残さいフィルターがついているのですが、お皿に残った食べ物なども水で洗い流ししてから入れると、洗い終わった後に残さいフィルターにほとんどゴミが残らず、お手入れもしやすくなります。

汚れが簡単に落ちそうな場合は、そのまま食洗機に入れてしまいます。シンクに 汚れた食器が溜まらなくなっただけでも、気持ちいいです。

 

稼働中の音は結構ウルさいです。うちは1歳児がキッチンと襖一枚隔てた和室で寝ているので、最初は起きてしまうのではないかと心配しましたが、深く寝入っているときは気になることもないようです。

 

まとめ

食洗機を導入したことで、食器洗いにかかる時間が約1/4になりました(導入前1日合計40分、導入後10分)。ほかの家事をする時間や子供と過ごす時間が確保できるようになりました。お皿洗いという雑用から解放されただけでも、気持ちが楽になります。クオリティオブライフの向上が実感できますよ。